江弘毅の新刊『有次と庖丁』が発売されました。

140Bの編集責任者である江弘毅の待望の新刊、『有次と庖丁』が新潮社より発売されました。

同社の『波』で連載されていたものに大幅に加筆したもの。400年以上の歴史を誇る有次の庖丁づくりの真髄について、綿密な取材をもとに書かれています。京都や大阪の店の一流の料理人、あるいは堺の職人への取材も多く行っています。

街や店に関わるという点では共通していますが、これまでの著作とはまた違った手ざわりの本です。ぜひご一読を!

※以下は新潮社のホームページより

その種類400以上、創業1560年。庖丁こそ、和食である。

桶狭間の合戦と同年の創業以来、自己革新を続けてきた老舗、有次。錦市場にある「鰻の寝床」の店舗は、いまや世界中の料理人が集う新“名所”だ。つくる人とつかう人の間で京料理、“和食”を支え、京都と共に歩む世界のARITSUGU─全面協力のもと、ものづくりの精髓とその類まれな存在、軌跡をたどる。写真とイラスト満載!

発行形態 : 書籍
判型 : 四六判
頁数 : 207ページ
ISBN : 978-4-10-335411-6
C-CODE : 0095
発売日 : 2014/03/18

 

 

また、発売を記念したトークイベントも予定されています。どのイベントも[有次]の十八代目当主・寺久保進一朗さんとの対談です。こちらのお申し込みや問い合わせは各書店までお願いします。

4/5(土)13:00〜
[ふたば書房 京都マルイ店]

【開催日時】 2014年4月5日(土)13時スタート
【会  場】 FUTABA+京都マルイ店(京都マルイ 6Fパブリックスペース)
【定  員】 先着40名様(京都マルイ店にて整理券をお渡ししております)

【お問い合わせ】FUTABA+京都マルイ店まで T075-222-5528

 

4/12(土)13:00〜
[大垣書店 イオンモールKYOTO店]

■開催日時 : 4月12日(土)13:00〜

■開催場所:大垣書店 イオンモールKYOTO店 イベントスペース

■参加人数 : 先着40名様限定

■対象書籍 : 『有次と庖丁』(新潮社刊)3月18日発売 1,600円+税

■参加方法:大垣書店各店にて、対象書籍をお買上げいただいた方に先着で整理券をお渡しいたします。電話予約も受け付けております。

■お問合せ :大垣書店 イオンモールKYOTO店 T075-692-3331