【新刊情報】『いっとかなあかん店 大阪』

定価:1,500円+税

判型:A5判ソフトカバー無線とじ

頁数:オールカラー224ページ

著者:江弘毅

イラスト:長友啓典

発刊:2017年3月7日

 

 

雑誌『Meets Regional』を創刊し、13年間編集長を務め、独立後も『街場の大阪論』などを記してきた「街的編集者」江弘毅。10冊目の著書は、自らが40年付き合ってきた「大阪の街と店」の中でも「特撰のネタ」のみを紹介する、タイトルそのまんまの本です。

 

1 「取材」ではなく、自ら客として店と「時間を共有」した足跡が原稿に

「そのうどん屋のおいしいダシは何からとってるかとかは、その店に長く行っててある日、自然にというか、たまたまそういう話になって、大将が話してくれて聞けて、『なるほどなぁ』というのでなければ本当はおいしくない。それが腑に落ちるということなんですよ」(あとがきより)。短時間の取材では聞けない、店で過ごした時間の集積が、すべてのテキストに生きています。

 

2 世界に自慢できる大阪のスーパー・スタンダードな61店が登場

NYタイムズ「2017年 行くべき世界の場所52」の中で、15位(国内最高)に選ばれた大阪。人気の理由はやはり「食」です。「値段は抑えて味とサービスで勝負する店の創意工夫」は世界中の人が認めていますが、世界のどこに出しても胸を張れる「安くて美味い、値打ちある」店ばかりを紹介しています。

 

3 表紙(カバー)のお好み焼きを含め、写真の95%は著者自らが撮影

カメラマンが三脚とライトを立てて絵を作り込んで……というのではなく、著者が客として訪れた店で、「自分のために作ってくれている」情景や、料理や酒をいただく寸前に、「うまそやなぁ」の念をこめて撮った写真が満載です。

 

◎本書に掲載されている店

キタ

大阪一 とり平本店(焼鳥)/樽・金盃(居酒屋)/七福神(串カツ)/バーヒラマツ梅田(バー)/キングオブキングス(バー)/new KOBE 堂島店(しゃぶしゃぶ)/ボンシャンヌ(パン)/アマ・ルール(バスク料理)/黒門さかえ(一品、うどん)/山守屋(洋食)/エルミタージュ(バー)/バー・アルディ(バー)/菱東(うなぎ)/ミチノ・ル・トゥールビヨン(フランス料理)/紫微星(中華)/肴や(立ち飲み)/上川南店(居酒屋)

堂島サンボア(バー)/リーチバー(バー)

鮨ふみ(鮨)/福喜鮨 阪急うめだ本店(鮨)/櫓鮨(鮨)

 

船場

阿み彦(鰻)/むらさき(鯨)/ルールブルー(フランス料理)/Bar TSUBAME(バー)/吉野寿司(箱寿司)/平岡珈琲店(喫茶)/サル—(スペイン料理)/船場虎島(牛鍋)/うさみ亭マツバヤ(うどん)

 

ミナミ

バー・ヘミングウェイ(スペインバル)/バー・プレゴ(バー)/ザ・メロディ(音楽バー)/まつりや(ちりとり鍋)/北むら(すき焼き)/キャベツプラザ育(お好み焼き)/大黒(かやくご飯)/はり重カレーショップ(洋食)/道頓堀今井本店(うどん)/たこ政(くわ焼き)/アラビヤコーヒー(喫茶)/重亭(洋食)/千とせ(肉吸い)/しみず(食堂)/一芳亭本店(中華)/鳴門寿司(寿司、一品)/伊吹珈琲店(喫茶)

 

大阪その他

空 鶴橋総本店(焼肉)/浜藤(てっちり)/串かつだるま通天閣店(串カツ)/美々卯本店(うどんすき)/布施風月(お好み焼き)

白雪温酒場(居酒屋)/岡室酒店直売所(立ち呑み)/桃谷いかやき屋 桃谷本店(いか焼き)/グリルマルヨシ(洋食)/難波屋(鍋)/文の里松寿し(箱寿司)/てらまえ(お好み焼き)/西光園本店(焼肉)

 

隆祥館書店でのトークイベント(4/6開催)のお知らせ

※開催日が4月1日から6日へ変更になりましたので、ご注意ください。

 

Amazonでのご購入はこちら