【新刊情報】『生きた建築 大阪』


『生きた建築 大阪』

定価:1,600円+税
判型:A5判・並製
頁数:192ページ+MAP付き
著者:監修・著=橋爪紳也
編集・著=髙岡伸一 倉方俊輔 嘉名光市
発刊:2015年10月13日

 

 

「生きた建築」とは、歴史と文化、そして市民の暮らしぶりを支えつつ、時代に合わせて変化・発展しながら、今も生き生きとその魅力を物語る建築のこと。3年前から大阪市が進めている「生きた建築ミュージアム事業」の中で提唱されている、新しい建築の見方です。普通、建築の価値は、年代が古いことや建てられた当時のまま残っていることが重要視されます。しかし、「生きた建築」は、まさしくその言葉が示す通り、その姿や用途を変えながらも、人々に愛され、大事に使われ続けている点にスポットをあてます。

20131029_134920140819_268020150827_5147

 

 

 

 

本書では、「生きた建築ミュージアム事業」の「大阪セレクション」に選ばれた50件の建築の魅力を、カラー写真を多数掲載し、余すところなく紹介しています。セレクションの選考に関わった倉方俊輔・髙岡伸一の両氏による50件の解説に加え、橋爪紳也氏、嘉名光市氏による論考、また「生きた建築」にさまざまな立場で関わる人々のコラムやインタビューも収録しました。

20131028_109720110914_0510この本に収められているのは、建築を取り巻く人々との関わりの中で紡がれたドラマや大阪の発展と共に歩んできた時間の流れです。そうした「物語」は、客観的に数値化することが難しく、だからこそ丁寧に取り上げられなければなりません。建築ガイドとしてだけではなく、50話の物語から、大阪の気づかなかった魅力を発見してみてください。

『生きた建築 大阪』に掲載されている建築

●御堂筋
大阪ガスビル/日本生命保険相互会社本館/御堂ビル/本 願寺津村別院/御堂筋ダイビ ル/グランサンクタス淀屋橋/三井住友銀行大阪本店ビル/大阪倶楽部/今橋ビルヂング/芝川ビル/北野家住宅/清水猛商店/輸出繊維会館
●堺筋
大阪証券取引所ビル/北浜レトロビルヂング/新井ビル/ルポンドシエルビル/伏見ビル/青山ビル/武田道修町ビル/生駒ビルヂング/船場ビルディング/船場センタービル/堺筋倶楽部/大阪商工信用金庫本店ビル/原田産業株式会社大阪本社ビル
●梅田・堂島・中之島
梅田スカイビル/梅田吸気塔/阪急三番街/スリープカプセル/マヅラ/堂島サンボア バー/中央電気倶楽部/リーチバー/ダイビル本館
●四つ橋筋・川口・西長堀
江戸堀コダマビル/日本基督教団大阪教会/長瀬産業株式会社大阪本社ビル/日本聖公会川口基督教会/西長堀アパート
●心斎橋・難波・新世界
大丸心斎橋店本館/オーガニックビル/浪花組本社ビル/食道園宗右衛門町本店ビル/純喫茶アメリカン/味園ユニバースビル/南海ビル/髙島屋東別館/ギャラリー再会/通天閣

 

★Amazonはこちら

★発売記念イベントの紹介はこちら