【新刊情報】『京都喰らい』

 

『京都喰らい』

定価:本体1,700円+税
判型:四六判・並製
頁数:352ページ
著者:入江敦彦
発刊:2018年1月22日

 

 

【食】には京都の言葉が塩梅ええんやないかゆう、

そういう確信がありました。

この本は京言葉で書かれた「喰いもん」の本です。

「まえがき」より

 

お待たせしました! 入江敦彦氏の『京都喰らい』がついに発売になりました。

2013年5月より小社ウェブサイトで「喰いしん坊漫才」として連載された全62回を解体して大幅に加筆・修正を加え再構築したものです。連載時からのテーマ「京言葉で喰うを語る」によりフォーカスすることで、著者・入江敦彦氏が人生をまるごと「喰う」に絡めて語った記念碑的な一冊になったと思います。

京都、ロンドン、パリ、カフェ、あん、継ぎ茶碗、ボロー市場、栓、病気、胡瓜、エプロン、西山の筍、ドーナツ、葱、柘榴、ウスターソース、山椒、Z椀、ジビエ、豆落雁、柿、牡蠣、アスパラガス、白菜の炊いたん、林檎、朝ごはん、シシカバブー、お節、苺サンド、BUT FIRST COFFEE 。。。そして先に逝ってしまった同じ釜の飯を喰うた特別な友達のこと。

本書は著者のファンのみならず、「食エッセイ」「京都もの」というジャンルの本としても新しい読者にも楽しんで頂けるように「京言葉」で書かれてはいますが親しみやすさ、カラー写真の多数収録やなどビジュアル面にも気をつかった一冊になっています。

ぜひ一度、書店さんで手に取ってみてやってください。楽しい読書に誘われると思います。

【著者プロフィール】
入江敦彦(いりえあつひこ) 1961年京都市上京区の西陣に生まれる。多摩美術大学染織デザイン科卒業。ロンドン在住。エッセイスト。「京都人だけが」シリーズ、『イケズの構造』、『怖いこわい京都』、『英国のOFF』、『テ・鉄輪』、など京都・英国に関する著作が多数ある。2015年刊行の書評集『ベストセラーなんかこわくない』に続き、2018年春には『京都を読む(仮)』 刊行予定(ともに本の雑誌社)。現在、『webでも考える人』にて「御つくりおき」、140Bのウエッブサイトで「年寄りの冷や飯」を連載中。