電車貸切のナカノシマ大学講座を開催しました!

3刷出来、大好評の『すごいぞ!私鉄王国・関西』の関連イベントとして、7月9日にナカノシマ大学neo「夏の嵐山を楽しもう!嵐電ミニトリップ」を開催しました。

曇り空が広がり、時折雨もぱらつく中、たくさんの方にお越しいただきました。その様子を写真で少しだけご紹介します。

RANDEN_075

RANDEN_074集合は嵐電四条大宮駅。駅の飾りも夏仕様でした。一般の乗客の方もおられるため、目印にナカノシマ大学の校章を活用しました。

 

RANDEN_005ナカノシマ大学用の貸切電車が到着すると、みなさん拍手でお出迎え。おなじみの紫色の電車はやはり映えます。ガイド役を務める黒田一樹さんも乗り込み、発車の15:15を前にさっそくトークがスタート。「発車する時の『グオーッ』という吊りかけ駆動の音を聴いてください」という話を受けて、全員耳を澄ませます。

RANDEN_026四条大宮から終点の嵐山までは20分ほど。その間に見える駅や線路の特徴、標識の解説、風景など、黒田さんらしい名調子のガイドに、車内は終始笑い声に包まれていました。アドリブも全開。さすがです。

RANDEN_049そして電車は嵐山駅へ到着。あいにくの天気でしたが、雨にけぶる緑の風情もなかなかです。近年、リニューアルされ、足湯ができたり、バルがオープンしたりと楽しい場所に生まれ変わっている嵐山駅。その魅力を味わってもらいたいというのも、今回の講座の目的の一つ。約1時間の自由時間をとり、思い思いに過ごしてもらいました。

RANDEN_047

RANDEN_044それにしても、駅の構内に足湯があるとは。「足湯」と「のりば」の案内表示も、ここが「駅」だと思って見てみると、なんだか笑ってしまいます。

足湯に入る場合は、まず駅のインフォメーションで足湯利用券を購入してください。料金は200円(オリジナルのタオル付き)。嵐電嵐山駅には改札がなく、切符を買わなくても足湯に入れます。

RANDEN_046ちなみにこの日は「RANDEN EKI-BEER 2016」というのをやっていて、のりばのすぐ外にビールやフードの屋台がたくさん出ていました。ビールを買って楽しんでいる参加者の方もちらほら。外から見ると、一見、およそ電車の駅には見えないのがすごいですね。

RANDEN_058帰りの電車は嵐山駅を満喫した後ということもあって、すっかり和やかな雰囲気に。みなさん(さらに)リラックスして乗っておられました。黒田さんもノリノリで、出来たばかりの『すごいぞ!私鉄王国・関西』の3刷の宣伝も。こちら、水色帯にお色直ししております。

嵐電さんのご厚意で、ふだん太秦天神川駅到着時に流れる、水戸黄門のテーマソングを使ったメロディも聴かせてもらいました。ありがとうございます。

そんな風に楽しく過ごしているうちに、あっという間に帰りの電車は四条大宮駅に到着。みなさん、名残惜しそうに電車と記念撮影しておられました。参加してくださった方々、どうもありがとうございました!

RANDEN_073そして、黒田一樹さん、お疲れ様でした。嵐電のみなさんのご協力にも感謝申し上げます。

初めての試みとなった電車貸切の講座ですが、いつもとは違った遠足のようなリラックスした雰囲気で、とても盛り上がりました。今後もまた、みなさんに楽しんでもらえる企画を考えていこうと思います。

『すごいぞ!私鉄王国・関西』Amazonでのご購入はこちら